So-net無料ブログ作成
検索選択

誰でも借りれる 上限 

金融の場合だと貸付上限は年収で決まります。

年収の3分の1までしか貸付を認めないという総量規制が定められているので、それ以上の借入は出来ません。

年収が低ければ貸付上限も低くなるという事です。

安定した収入がある人なら年収が少なくても利用はできますが、沢山借りる事はできないので大口融資などを考えている場合だと向いていないと思います。



生活費で必要など緊急時で少し借りたいという場合には、問題なく利用する事ができます。

手軽に借りたいと考えている人は、金融を利用してみると良いでしょう。

大手や中小など色々な会社が存在してますが、借りやすいのは中小の方になります。

目立つ会社ではないですし、規模も小さいですが実績のある所ばかりです。

大手で否決になった人も貸付対象になっている場合が多いので、審査に不安がある人は利用してみると良いでしょう。



中小は利用条件を満たしていれば、誰でも借りれる可能性があると言われている事が多いです。

安定した収入があり人柄に問題がない人なら、可決はもらえるでしょう。

担当者が融資を行うかどうかの権限を持っていて、感じた印象がそのままに審査に影響するようです。

態度や言葉遣いで落とされる事もあるので、そこは気を付けるようにしましょう。



人が審査を行っているので、柔軟に対応してくれる所が多いですが大手は違います。

利用者が多い事もあり機械で審査が行われています。

機械だとデータでの判断となるので、データ上に問題があればその時点で否決となるでしょう。

柔軟には対応してい貰えないので、審査に不安がある人には中小の金融をお勧めします。



貸付上限は年収で決まると言いましたが、可決がもらえた会社で満額借りれるとは限りません。

上限と融資額は異なる場合が多いですが、それは利用する金融と利用者の信用度などで決まるようです。

どうなるかは審査をしてみないとわからないので、気になる所があるなら審査をしてから考えれば良いでしょう。

上限に満たなかった場合は、増額申請をするから他社借入になると思います。

新規借入よりも増額申請の方が審査が厳しいと言われているので、利用するなら他社を利用する方が良いかもしれません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました